とずけんどっとこむ

HOME

都図研は今年60周年

.
.
.
.

このページの情報は2008年度のものです。お間違えの無いように!

TOP

ひつじ日和

組織

都図研大会

研究局

研修局

広報局

特別委員会

60周年

大阪大会

関ブロ

外部との活動

その他

とずけん情報局 〜最新ニュース〜

過去のニュースは「とずけん情報局」をご覧下さい。

お知らせ

東京都図画工作研究会・東京都現代美術館・東京国立近代美術館・工芸館・国立西洋美術館・合同 

第7回 美術館鑑賞研究研修会の参加募集について

 新緑の季節になりました。皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。平素、東京都図画工作研究会(都図研)の活動にご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。新学習指導要領も移行期に入りました。新教育課程を踏まえながら、図画工作科の授業における指導改善を図る上で授業研究をすすめていく所存です。
 さて美術館連携鑑賞研究研修会をお知らせいたします。今年度は、都図研研究局、東京都現代美術館、東京国立近代美術館・工芸館、国立西洋美術館合同で研究研修会を下記の内容で実施致します。参加希望の方は、申し込み書に記入の上、5月7日(木)までにFAXでお申し込み下さい。会場の関係により抽選で40名となります。なお今年度は2回の研修となりますので、2日間参加できるか確認の上お申し込み下さい。参加確定の方には後日、派遣依頼をお送り致します。

1.日時    

  • 平成21年 6月11日(木)14:30〜17:00
  •         26日(金)13:40〜17:00

2.場所    

  • 東京都現代美術館 

3.内容  

11日(木)
・美術館学芸員によるギャラリートーク(参加者向け)
・ギャラリートーク体験、鑑賞授業を考える
・子どもを育む鑑賞についてディスカッション
26日(金)
・美術館学芸員と研究局員によるギャラリートーク(子ども向け)
・各グループの報告・発表
・講評・講演

5月7日(木)締め切り
申し込み用紙はここをクリックしてDownloadして下さい。

 このたびは素敵な企画をありがとうございます。
 とずけんに繋がっているんだという実感と、ひとつ視点を気にかけながら、生活できる機会をいただけて幸せです。
 辻先生、かっこいい文章をありがとうございました。ご期待にそえるかどうか??わかりませんが、気負わずにがんばります!

ただいま成田のホテルからです。(宿無しになってしまいましたので)明日12時すぎ、出国です。
どんな子どもたち、どんな生活、どんなハプニングが待ち受けているか??楽しみです。

到着しだい、何か書き記そうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2009.4.3 加藤貴子

 パリにいくと路上にせり出したカフェがあります。カフェは、イスラム世界では古くからあったようです。イギリスでは、「コーヒーハウス」がありました。アジアでもお茶の習慣がありました。
日本でも70年代頃は「喫茶店」「サテン」などと言われましたが、カフェには、現在でもたくさんの人が集まったり、休んだりしています。
 パリの詩人や画家、評論家たちは、カフェに集まり、様々な談義をおこないました。カフェでは、情報交換や意見交換がなされ、新しい創造のための精神的な下地や世論が生まれていきました。また、カフェは、個人にとっては、休息や思考の場でもあります。
 2009年は「ひつじCafé」を開店いたします。
今年も都図研や図工や社会の日々の出来事を報告していきたいと思います。この「ひつじCafé」が、図工や子どもに対する思いが広がったり深まったりするための「きっかけ」になれば幸いです。どうぞ「いらっしゃいませ!」。                   
(ひつじCafé主人)

「子どもをみる目」「自主的な精神」「図工の専門性」をもとめて

会 長  辻 政博


s_tuji_1.gif2008年度、都図研は創立60周年を迎えました。60年の長きに渡ってさまざまな活動を展開し、図画工作教育の活性化を図ってきました。けれども近年、図画工作科は時間数が削減(H10の告示より)され、その存立を危ぶまれる状況が続いています。
 こうした時代状況の中で『子ども主義宣言』(2007.5)の発刊、「∞のこどもたち展」(2008.3)は昨年度の活動の大きなトピックでした。教育世界の外部の方々からの図工教育の重要性の指摘や応援も増えつつあります。たいへんありがたいことです。
本年度も都図研では、美術館との連携による鑑賞研究(国立西洋美術館、東京国立近代美術館、東京都現代美術館)、西多摩大会、研究局、研修局、特別委員会の活動、都図研ニュース、都図研HP、都展の運営など、さまざまな研究、研修、事業を活発に展開していきます。
 また、大阪での全国大会やInSEA世界大会へも参加が予定されています。InSEA大会では「東京アートモード!東京から世界に発信!!」をテーマにした研究発表とシンポジウム「子どものアートが語りだすとき〜身体・感覚の復権〜」(コーディネータ:横内克之先生)をおこなう予定です。「都図研創立60周年記念」に関する事業も計画中です。
 2008年度は「新学習指導要領」の告示の年です。新たな教育の課題や問題を子どもに寄り添う現場の視点から考えていきたいと思います。
 また、教員の世代交代は、すでに目にみえつつあるようです。新たな先生方が仲間に加わってきています。図画工作の教師の「専門性」を高める研究、研修をさらに充実する必要があります。
子どもたちの80パーセントが大好きな図画工作が、都図研が70周年を迎えたとき、週当たりの授業時間数が2時間となり、一年間を通じて、継続的に教育活動をおこなえるようになっていることが期待されます。「子どもをみる目」「自主的な精神」「図工の専門性」を持ちながら、図画工作教育を活発に展開することが、10年後の未来につながっていくと思います。子どもや図工を取り囲むきびしい時代のなかで、図画工作の意義や価値を社会や外部に向かって発信していきましょう。
 今年度も皆さまと協力、協同しながら、都図研は活動していく所存です。よろしくお願い致します。

更新履歴

4月8日(水)
「題材集」を更新しました。
4月4日(土)
「最新news」を更新しました。
4月3日(金)
「題材集」を更新しました。
3月31日(火)
「ひつじ日和」を更新しました。

子ども主義宣言

子どもたちのリアルと図工の時間

31896222.JPG「都図研の総力を傾けた大著。そこには図工の時間を生きる子どもたちがいる!谷川俊太郎氏、茂木健一郎氏インタビュー掲載」

東京都図画工作研究会編著

  • A5版、P320
  • 三晃書房、2007年発行
  • 本体2400円

buy-from-tan.gif

図工室にいこう

こどもがつくるたのしい時間

222.jpg「こんな楽しい図工の授業ばかりなら、もう一度小学生になりたいです。(岩井俊雄)」

美術手帖編集部・編
東京都図画工作研究会・協力

  • A4版、P128
  • 美術出版社、2008年発行
  • 本体2500円

buy-from-tan.gif

学校で用いる文具・道具の使い方 早わかり

333.jpg「モノにかかわる図工の授業の必需品。ほんと、わかりやすい。」

鈴石弘之・内野務・中村隆介著

  • A4版、P64
  • 小学館、2007年発行
  • 本体762円

buy-from-tan.gif

図画工作 ポイントと授業づくり

小学校新学習指導要領

02408.jpg「実践にそって理解できる新しい教育課程解説書。充実の20事例」

藤江 充・辻 政博編著

  • A4版、P203
  • 東洋館出版社、2008年発行
  • 本体1900円

buy-from-tan.gif

月に吠える

子ども・アート・学校

4830111070.jpg「この閉塞する時代に、都図研前会長と現会長が語る不安と希望の叫び」

鈴石 弘之・辻 政博著

  • A5版、P184
  • 文化書房博文社、2007年発刊
  • 本体1200円

buy-from-tan.gif

子どもの絵の発達過程

全心身的活動から視覚的統合へ

4783010161.jpg「子どもの絵のシンプルで基礎的な理論書。身体と心的構造の関係から発達の推移をみる」

辻 政博著

  • A5版、P110
  • 日本文教出版社、2003年発行
  • 本体1500円

buy-from-tan.gif

What is とずけん?

東京都図画工作研究会の紹介

とずけんまーく2.jpg 東京都各区市町村の教育研究会図工部員、及び新たに東京都公立小学校の図工専科になられたみなさんの集合体が、「東京都図画工作研究会(略称:都図研)」です。都図研は、東京都の公立小学校の13の教科・領域の教育団体が集まった「東京都小学校教育研究会連合」(略称:都小研連)の構成団体のひとつです。各小学校から配分された会費で運営されています。
 全国組織である「全国造形教育連盟(略称:全造連)」や「全国小学校図画工作教育連盟(略称:全小図連)」、また、「関東甲信越静地区造形教育連合(略称:関ブロ)」の構成団体でもあり、他府県との交流も盛んです。また、他校種との交流も盛んです。全国的に約1800人いる図画工作専科教諭の約1300人が都図研の会員です。規模も大きく、活動も活発で、これまで日本の図画工作教育をリードしてきました。
 昭和23年(1948年)に結成され、2008年度で創立60年を迎えました。自主的で自由な精神を伝統に研究活動を続けてきました。 
 学校に恐らく1人しかいない「図工の先生」に埋没しないで、都図研の研究・研修会に足を運んでみてください。都内各地区から集まってくる実践家・理論家・研究者が、きっとあなたの「明日の図工」に活力と勇気を与えてくれます。そして、図工教師としての専門性を身につけてください。
 まずは、これから届く都図研の研究・研修会の案内を見のがさず、ぜひ参加して、自分のからだで図画工作教育を感じて下さい。そして、図工を通して、子どもたちの成長に寄与できる喜びや苦悩を分かち合いましょう。

都図研構造図

kouzouzu3.pdfクリックで拡大します。